Make things flow

人をつなぎ、機会をつなぎ、モノをつなぐ

About us

A lutenという名前は、仏教用語の「流転(るてん)」から来ています。流転とは、万物のすがたであり、移り変わりゆくことであるとされます

このlutenにAをつけることで、「或る点」と読むことができます。ここには、社会の大きな循環を促す「或る点」でありたいという願いが込められています

代表 菊澤育代

Corporate Profile

商号一般社団法人 A luten (よみ:アルテン)
所在地〒811-3217  福岡県福津市中央3丁目1番1号JR福間駅ビル3階 Q-WorksFUKUMA
設立2023年8月18日
代表理事菊澤育代 KIKUSAWA Ikuyo
代表者略歴・福岡大学 研究員(2022〜)
・(公財)福岡アジア都市研究所 フェロー(2024〜)
・カナダ・ダルハウジー大学にて資源環境管理学修士課程修了、九州大学にて博士課程修了(芸術工学博士)
・公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)にて、途上国都市における環境プロジェクト支援事業、アジア都市間の低炭素連携事業等の調査研究に携わる
・公益社団法人日本国際民間協力会(NICCO)にて、国際援助・環境教育プログラムのマネジメントに従事
・九州大学にて、持続可能な地域社会形成に向けた地域のしくみならびに環境行動論などの分野における研究に従事
・公益財団法人福岡アジア都市研究所(URC)にて、外国人の防災、資源循環促進に向けた革新技術の導入、学びにおけるダイバーシティ、ウェルビーイングなど、多様な分野で政策研究を行う
< more >
事業内容環境や資源循環に関する、・事業企画・運営、コンサルティング、執筆、調査研究、講演など

Sectors

clear plastic bottle on green grass

Plastic

プラスチックは20世紀に入り、人類の生活に革命をもたらした素材です。1950年代には、その軽量性や耐水性から、包装材や製品の製造に広く利用されるようになりました。しかし、その利便性と共に、大規模な環境問題を引き起こす要因となってきました。

green leafed plant

Well-being

ウェルビーイングは、最高善とも言われ、アリストテレスの時代から哲学者らによって議論されてきました。議論の中心は、ウェルビーイングとは何かを紐解こうとする
現在、ウェルビーイングは、ポストSDGsのコンセプトとしても期待される人類の共通語になりつつあります。しかし、その実態はまだよく理解されているとは言えません。
以下の報告書では、ウェルビーイングは次のように定義されています。

blue yellow and red textile

Circular Economy

サーキュラーエコノミーとは、従来の「作り、使い、捨てる(Take-Make-Waste)」という線形の経済モデルとは異なり、有限な資源の投入を減らし、一旦投入された資源は最大限に活かし、廃棄物を最小限に抑える持続可能な循環型の経済モデルです。循環の輪を、狭める、ゆっくりにする、閉じる、再生する、知らせるという方法で、製品の設計から、製造、商品・サービスの提供、消費、廃棄までのプロセスの最適化を進めます。

Services

事業内容

事業企画 / 運営事業提案書の作成、補助金の申請など相談に応じます
コンサルティング組織内の取り組みから、他業種との連携を含む資源循環の取り組みのお手伝いをさせていただきます
執筆エッセイから学術論文まで、幅広く対応させていただきます
調査研究資源循環やウェルビーイングなどのテーマを中心に、情報収集、データ分析などをお手伝いします
データ分析簡単な集計から統計分析、グラフ等の見せ方などのご提案もさせていただきます
講演市民向けセミナー、社内教育、小中高等でのワークショップなど、ご希望のテーマに応じ、お話させていただきます

Join us

資源循環に関心のある人、社会システムを作りたい人、サーキュラーエコノミーには根本的な転換が必要だと思う人、一緒に働きませんか?

「一緒に働く」の形は様々です。
兼業、週1のアルバイト、業務提携、プロジェクト立ち上げ、お金の発生しないブレスト、など多様な形で仲間を増やせたらと考えています。

現在募集中

調査研究アルバイト(週5〜15時間、リモート、フレキシブルにご相談ください)

Contact

簡単な情報収集を依頼したい、社会人向け・子ども向けに講演してくれる人を探している、研究の協業者を模索している、英語でアウトプットが欲しい、など多様な依頼に柔軟にお応えさせていただきます。
相談料はいただきません。どうぞお気軽にご連絡ください。